vol‐179 ジレとは?このワードも浸透するのか~fashion編~

またもやファッションニューワード講座のお時間です(笑)

今年に入りショップでは、袖のないアウターが目立ちはじめているふうに感じていました。

ロングトレンチコートなのに袖がない!

ショートジャケットなのにこちらもお袖なし!

 

気になり実態調査してみますと名称は

「ジレ」

定義はたったひとつ。

冒頭にもあげた通り、袖のないアウターの総称。

素材が厚かろうが薄かろうが、襟があろうがなかろうがジレと呼ぶそうです。

春先の肌寒い日にはレザージャケットの上にON。

梅雨時期から真夏にかけてはレース素材のジレをTシャツの上にレイヤード(重ね着)。

ジレと一言に語ってもバラエティに実に富んでいますね。

 

以前でしたらベスト→ちゃんちゃんこ!

このワードが浸透するのであれば・・・

60歳の還暦祝いには「赤いジレ」普及するのでしょうか!

巣鴨商店街から目が離せませんね(爆笑)

 

 

 

 

ブログ王ランキングに参加中!

にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

vol‐179 ジレとは?このワードも浸透するのか~fashion編~” への1件のコメント
  1. セナ より:

    キヨヲコさん
    初耳です。語感からするとフランス語なのでしょうか。
    それでコーデのバリエーションが広がると思います。
    将来、かつての若者達が還暦祝いに赤いジレを纏い、渋谷のあちこちででシャンパンを交わす姿を目にする日が訪れるかもしれません(笑)。

    • orihime より:

      セナさん
      もしかしたら私達世代がジレ定着させれば…
      還暦祝いは全国的にジレでお祝いかも知れませんね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)