vol-141 2017サマーファストファッション日本VS海外ブランド徹底比較!~fashion編~

梅雨の晴れ間を見計らい、都内に出没!

雨季が明けると一気に気温が上がり、炎天下の下でのshoppingは最近体力の衰えを感じてきた私には厳しそう…

今季は早めに夏支度を開始です!!

 

 

手始めにご近所にあるファストファッション「ユニクロ」&「GU」へ。

トップスの多くは、CMでもおなじみ「抜き襟」が多くデコルテ(首から鎖骨のライン)広め。

盛り袖と言って袖を少しずつ広げていくラインや、袖口にフリルでボリューミーに見せるタイプが多く見受けられました。

ボトムの一押しはワイドパンツやスカンツ(ガウチョパンツの進化系。ガウチョより布を多く使い遠巻きから見るとまるでロングスカート!)といったボリュームのあるボトムが目につきました。

これはトップを肌見せしている分足を隠してバランスをとるコーディネートを推奨しているといったところでしょうか!

毎年恒例のキャラクターコラボTシャツも健在。

今年は映画がヒット中のディズニー「美女と野獣」や「スターウォーズ」アメリカンコミックの「マーベラス」の物に加え、おなじみの「ミッキー&ミニー」「ムーミン」も再登場しておりました。

 

 

海外ファストファッションはアメリカ発「フォーエバー21」、スウェーデン発「H&M」の2件をはしご。

国は違えど、洋服の傾向やテイストが近いように思えました。

トップスはオフショルダー(襟ぐりが広く肩で着るようなタイプ)露出度こちらも高め。

ショップスタッフの着こなしで驚いたのは、シンプルTシャツの上に、見せブラ?スイムウエアー?といった斬新なコーディネートを!

ボトムは壁一面、色とりどりのショートパンツ。

スカートはミニまたはロングが目立ちました。

ロングタイトスカートには前または後ろに深めのスリットが。

ストンとしたロングスカートにはあらSEXY!

両サイドに太ももまでスリットが入り、チャイナドレス風な作り。

他には中央に深めスリットにボタン付きで開けて着用するこちらもSEXY!

丈は長くともスリットで肌見せ。

海外ファストファッションにはワイドパンツが少なめで、あったとしてもスカート同様スリット入り。

ガウチョパンツやスカンツは全くありませんでした。

カラーは全体的に落ち着いた様子でした。

以前はカラー×ブラックでワントーン落としたものが多かったものの、今季はブラックではなく、カラー×ブラウンが目に留まりました。

昨年から流行のくすみ系の進化といった感じで、ピンク×ブラウンなどが見受けられました。

 

 

埼玉と東京

一県またいだだけでこうも違うか!?

単に海外ブランドだったからでしょうか。

驚きや発見のあるファストファッション巡りでした。

 

 

 

ブログ王ランキングに参加中!

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリー: fashion
vol-141 2017サマーファストファッション日本VS海外ブランド徹底比較!~fashion編~” への1件のコメント
  1. セナ より:

    キヨヲコさん
    国内と海外ブランドのコンセプトの違いが興味深いと思います。
    バイタリティある詳細レポートに圧倒させられました
    ファッション界の変化に伴い用語の多彩さも印象的で、ガウチョやスカンツなどは動物名と間違えそうです(笑)。

    • orihime より:

      セナさん
      ガチョウ(?)スカンク(?)
      名称だけ聞いたら私もそう思います(笑)
      日々進化しているファッション用語に、追いつくのに必死ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)