vol-51<目にハンデがあったって楽しい園芸>太陽の恵みに感謝 ~hobby編~

IMG_20151026_145646
今年の秋はどこへやら…
急に寒くなり、気圧の変動でまたもやベッドとお友達の編集長です。
行楽の秋と言いたいものの、動けないのではどうにもならず(汗)

引きこもりの秋(苦笑)
はがゆい週末を送っています。

近頃の楽しみといえば園芸。
「年を取ったせいか最近土いじりに興味があるんだよね。」
と言っていたのは私の母。
さすが同じDNAを引き継いでいるだけありますね。

私が地道に種から栽培しているのがアボガドちゃん。
最初に始めたのは一昨年でして、芽は出てきたものの当時緊急入院してしまい敢え無く天国へ(チーン)
昨年はリベンジ成功し夏場から育てることに。
そしてグングン育ち50cmくらいの高さまで成長!
葉っぱも大きくなりどうにか越冬までこぎつけました。
が、今年の春先に入り鉢の根詰まりのせいか?根腐れのせいか?
残念ながら成長は止まってしまい、小さい若葉をつけはじめたものの茶褐色に変色(大泣き)
そして三年目の今年はネットを駆使し、栄養を与えてみたり、日光が当たる位置に鉢を移してみたりと試行錯誤。
念には念を入れ、4つも水栽培し、土にまでこぎつけたのはなんと3つ!!
日照時間が長ければ長いほど良いらしく、思い切って鉢を小さなお庭に出す決意をしすくすくと育っております。

目にハンデがあってもヘルパーさんに目となってもらい成長を確認。
子どもの頃の夏休みの「朝顔の観察」を思い出しつつ一人ニンマリ。
普段なら実を食べて捨ててしまう種にも、ちゃんと命があるのだなぁ。
そして太陽の恵みに改めて凄さを感じる日々です。

もう今年もだいぶ朝晩の寒暖差が激しくなってきたから、そろそろ我が家に迎え入れてあげなければ。
今年こそは越冬が出来るか否か。乞うご期待。

IMG_20151026_145703
因みにですが同僚の奥様がパクチー栽培をしておりまして、種を分けて頂きました。
秋植えがいいとのことで、9月に種まき。
こちらも順調に育っております♡

日に日に芽をぴょこぴょこ出す姿はとても愛らしい。
パクチーは目だけじゃなく、味覚でも楽しめるので成長の実感が十分にわかりますね。

目にハンデがあろうと室内に緑があるのとないのでは気のせいか、空気が変わる気がします。

ブログ王ランキングに参加中!

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

カテゴリー: hobby

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)