vol-49 車椅子六本木ヒルズ食べ歩きの巻~グルメ編~

残すところ今年もあと3ヶ月。 そしてブログを始め早1年。 時が経つのはあっという間ですね。目が不自由なおかげで小じわの増えた顔を見ず、年を重ねた実感が薄い編集長でございます(笑)

さてさて、前号にて港区で髪をカットし変身を遂げた私ですが、ついでにグルメも満喫してまいりました♪せっかく足を出向いたことですし、早々と切り上げてくるのも勿体ない。貪欲な性格なもので、プチ情報ではありますがご紹介したいと思います。

六本木ヒルズに行くと必ず立ち寄るのがここ。「ジョエルロブション」に隣接するベーカリーショップ。ここは☆付きレストランのベーカリーショップで、ランチや、翌朝のブランチ用にと必ず購入して帰ります。
今回購入したのは3点。
20151002
「スコーン¥226」こちらはかなりのお気に入りでして、来店の際は必ずチョイス。小ぶりですが良い小麦、手間暇がかかっていそうでコレ1つとカフェオレさえあれば十分満たされます。小麦粉の粒子が細かくずっしりとした重量感。 2点目に購入したのは、「抹茶と栗のスコーン¥291」こちらは期間限定、秋のお味のスコーン。お抹茶のほろにがさとホワイトチョコがいい具合に配合されており、見た目ほどは甘くなく栗の食感がいいアクセントに。やっぱり、何を選んでもハズレなし。 3点目に購入したものは「黒イチジクと赤ワインジャム¥1404」こちらはサイズが2種類あり前回来店した際はなかったものでした。数種類あるジャムの中で大きいサイズはこの種類とローズジャムのみ。ローズジャムは前回購入し大当たり。 これは人気があるから大きいサイズがあるのではと勝手に予想。 そして即買い。予想は大当たり。スーパーで売っているジャムと違い、果肉がごろりと。なめらかさにはかけますがそれだけ果肉がふんだんに入っている証拠。私のお気に入りは、プレーンヨーグルトにかけて頂いております。話が前後してしまいますが、この日の夕食もヒルズ内で済ますことに。 六本木ヒルズB1の「つけめんTETSU」の姉妹店「キンシャリ屋」へ。ここは事前に調べB1に向かったのですが、階段が数段あり、一度地上に上がり他の棟から目的地へ。ヒルズは比較的新しい建物なのにバリアフリー化が進んでいません。少し惜しい点でした。ヒルズはオフィス街だけあり、食もガッツリ系の男性向けといった量が多い飲食店が多く見受けられました。唯一このお店では「酸辣湯麺のミニサイズ¥420」があります。
20151002-2
あんかけメニューが売りのお店でおそらく「メイン+ミニサイズのラーメンでも頼むかな!?」という声に答えてできたサイズかしら?・・・といった感じで小腹を満たしたかった私にはちょうど良い量。 お味の方ですが、つけ麺専門店の姉妹店だけあり麺は中太でもちもち。スープのお味は魚介系であんかけだけあり、麺に絡みつき麺とスープが同時に楽しめました。 鼻から抜ける香りも◎ビル風で冷えた身体にとても沁み入りました。 時間帯も夕方でしたので空いていて、時間のない人たちにはさくっと食べられオススメです。

 
ブログ王ランキングに参加中!
 


にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ

カテゴリー: gourmet
vol-49 車椅子六本木ヒルズ食べ歩きの巻~グルメ編~” への1件のコメント
  1. Senna より:

    キヨヲコさん どれも美味しそうですね。口の幸せと書く口福感(笑)を得られたのではないでしょうか。
    東京のど真ん中、象徴的といえる六本木ビルズ内のバリアフリーに欠けるのはなんとも残念でなりません。
    自分の地元の街のビルでもエレベーター使用するのに階段を昇らなければならない(笑)、信じられない光景を目にします。それでは失礼します。

  2. キヨヲコ より:

    Sennaさん ヒルズ内のバリアフリー問題… 本当に惜しいですよね。
    余談ですが、私の住んでいる最寄駅、ベッドタウンなのにエレベーターがありません。
    ですが今年度中に設置予定で、急ピッチで工事中です。\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)