vol-32障害者とその家族~メンタルヘルス編~

20150509
GWは皆様有意義に過ごせましたでしょうか? 編集長といえば、暑さにやられお家でだらだら…。ですが一日だけ家族水入らず全員集合で、数年振りに外食へと出掛けてまいりました。

私の場合後天性障害でありまして、以前はフットワークも軽くなにかあればあちらこちらへと足を運んでいたものでした。今では家族に会うのも交通の便が悪く車にてわざわざ迎えに来てもらわねばなりません。障害を持てたから気付いたこと。若いときは色々ありました。 五体満足で産んだはずの娘がある日、突然重度障害者に…。当の本人は意識もままならず、さぞかし家族の方が困惑した事でしょう。「後悔先立たず」 心身共に元気な時。出来ることは出来るうちにしておきたいものです。

その一つが親孝行です。

私は暗闇の中今を生きることに決めました。それはけして諦めた訳ではありません。 現実を受け入れる事にシフト変換しただけです。それは楽に生きる方法かもしれません。障害を持った以上そうする事が物事を潤滑に進められるからです。

来週の日曜日は母の日ですね。障害を持っている人、今現在母親とうまくいっていない人、人生に迷い込んでる人、どんな人でも母親が居たからこそ今の自分があるはずです。普段言えない感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか?    

 
ブログ王ランキングに参加中!
 


にほんブログ村
 

人気ブログランキングへ

カテゴリー: mental health

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)