vol‐11 編集長秩父夜祭参戦の巻~hobby・グルメ編~

秩父夜祭り

秩父夜祭り

久しぶりの登場です!? 所沢の仲間であるケイ氏のブログにも記載されておりましたが、編集長謎の病(39.4℃の高熱)に侵され1週間の入院生活を経て登場です(汗)皆様も12月に入り、気温が急下降中なのでお体には十分お気を付けくださいませ・・・。 病み上がりと言ってもじっとしていられないのが私のサガ!?スケジュール帳には遊びの予定の誘惑が・・・。 と、いうことで日本三大曳山祭の1つ「秩父夜祭り」に参戦してまいりました。同じ埼玉県とはいえ、山間部。 西武秩父駅に所沢自立生活センターの面々と降り立ち、感じたことが。 とにかく空気がおいしい!!夜だけあり空気が余計に澄んでおり、冬の独特な鼻にツンとくる寒さもどことなく心地よかったです。

山車の屋台両袖に舞台を特設しての地芝居(秩父歌舞伎)や 地元の花柳一門と杵屋一門によるひき踊りは、秩父神社神楽とともに「秩父祭りの屋台行事と神楽」として 国指定重要無形民俗文化財となっています。 祭囃子や山車を曳く人々の掛け声は、迫力満点。全盲の私でも、色々と想像を駆け巡らせることができました。 観光と言えば、お楽しみの1つ。 ずばり「食」です。秩父と言えば水が良く、地酒・地ワイン・地酒入り甘酒で暖をとる人々で大盛り上がり。 それに合わせてローカルフードの屋台も盛り沢山。名物わらじ味噌カツ(わらじの様に大きく地元の味噌を使用したカツ)、味噌ポテト、豚玉丼(ご飯の上に豚の角煮、温泉卵、天かすをのせたもの)、いわな寿司、秩父そば、味噌田楽、蒸したて酒饅頭etc…。屋台のメニューを読みあげたらきりがない位。お祭りですが地元の方々が出店しているためフードは100円~500円程度。ドリンクも200円と大変リーズナブルで、秩父グルメを満喫できました。編集長、病み上がりの事もすっかり忘れついつい暴飲暴食(苦笑)。やはりおいしい食の基本は「水」と実感しました。人の体の60%は水で構成されていることでもあり、水が良いとそれだけで心身ともによく感じるものですね。 ファッションとは程遠い記事ですみません…。本調子になりましたら再びリサーチを再開しますので今回はこの辺でお許しを(苦笑)

ブログ王ランキングに参加中!

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリー: gourmet, hobby
vol‐11 編集長秩父夜祭参戦の巻~hobby・グルメ編~” への1件のコメント
  1. ショウタ より:

    キヨヲコさん お久しぶりです!! 更新ないなーと思っていたところでした。
    早く良くなるといいですね。

  2. キヨヲコ より:

    ショウタさん ご無沙汰しちゃってます(汗) 気持ちは元気なのですが、身体がどうにも・・・。
    一部では”入曽のばばぁ”で通じてるくらいなので、もう若くないのかなぁ(苦笑い)

  3. tokorozawa-b より:

    病み上がりで行っちゃうきょうこちゃんは十分若いです!

  4. キヨヲコ より:

    tokorozawa-bさん
    キヨヲコのキは(気合)のキ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)